新型コロナウイルス関連情報

【12月2日更新】新型コロナウイルス関連情報(Information regarding Coronavirus)

緊急情報一覧

認証申請手続き

1.設立申請時に提出する書類
特定非営利活動法人の設立を希望する団体は、法人設立の意思決定を行い、次の必要書類を所轄庁に提出します。正式に書類を揃えて申請する前に、設立申請相談※1をすることもできます。
所轄庁は、必要書類が整っていることを確認して受理した後、申請年月日や特定非営利活動法人の名称などをインターネットの利用により公表するとともに、定款や事業計画書などを1ヶ月間縦覧※2します。
所轄庁は、縦覧期間を含め3ヶ月以内に書類審査により認証又は不認証の決定を行い、申請者あてに通知します。(法第10条~第12条、道条例第2条
◆申請書
◆添付資料
※1 事前相談をする場合は、定款、設立趣旨書、事業計画書、活動予算書の4種類の書類を揃えた
   上で、総合政策課企画統計係にお問い合わせください。
※2 申請書類のうち、定款、役員名簿、設立趣旨書、事業計画書、活動予算書は、縦覧書類として
   総合政策課企画統計係で公開します。
   なお、縦覧制度を活用する一般の方々の権利を確保するために、受理後の申請書類の差し替え
   はできません。
   一旦申請を取り下げていただくことになりますので十分注意してください。
※3 書式例の「4.各役員の住所又は居所を証する書面(住民票)」(備考)をご参照ください。 

2.認証後の事務
認証を受けた法人は、その主たる事務所の所在地において設立の登記をすることによって成立します。(法第13条第1項
設立の登記を行った法人は、遅滞なく、当該登記をしたことを証する登記事項証明書及び財産目録を添付した届出書(法第13条第2項、道条例第4条)及び、法第30条の規定による閲覧又は謄写の用に供する書類(道条例第12条)を倶知安町に提出しなければなりません。
なお、設立の認証があった日から6月を経過して設立の登記をしないときは、設立の認証を取り消すことになります。
◆届出書
◆添付書類

設立の登記をしたことを証する登記事項証明書及び設立の時の財産目録<1部>

◆閲覧又は謄写用書類

   定款(設立認証申請時と同じもの)<2部>

   役員名簿(設立認証申請時と同じもの)<2部>

   設立の初年度及び翌年度の事業計画書(設立認証申請時と同じもの)<2部>

   設立の初年度及び翌年度の活動予算書(設立認証申請時と同じもの)<2部>

法人設立後、必要に応じて関係する官公庁へ届出を行わなければなりません。
詳細はそれぞれ管轄の官公庁へお問い合わせください。
※倶知安町にのみ事務所を置く場合
官公庁 届出の内容 所在地/電話番号
札幌法務局
倶知安支局
●登記申請(定款、理事の就任承諾書、資産の総額を証する書面等)
●印鑑等
倶知安町南1条東3丁目1番地 倶知安地方合同庁舎 
TEL:0136-22-0232
倶知安税務署 ●国税関係(法人税法上の収益事業の開始、給与支払いの開始等) 倶知安町南1条東3丁目1番地 倶知安地方合同庁舎 TEL:0136-22-1192
後志総合振興局
財政局税務課課税係
●道税関係(法人道民税等) 倶知安町北1条東2丁目 北海道後志合同庁舎
TEL:0136-23-1332
倶知安町役場
税務課住民税係
●町税関係(法人町民税等) 倶知安町北1条東3丁目3番地
TEL:0136-56-8003/0136-22-1121(内線151/152)
労働基準監督署
小樽倶知安支署
●労働保険関係(労災保険) 倶知安町南1条東3丁目1番地 倶知安地方合同庁舎
TEL:0136-22-0206
倶知安職業安定所
倶知安分室
(ハローワーク)
●労働保険関係(雇用保険) 倶知安町南1条東3丁目1番地 倶知安地方合同庁舎
TEL:0136-22-0248
小樽年金事務所 ●社会保険関係(健康保険、厚生年金保険) 小樽市富岡1丁目9番6号
TEL:0134-65-5004
   設立の認証にかかる認証書の写し<2部>

   登記事項証明書の写し<2部>