新型コロナウイルス関連情報

【11月29日更新】新型コロナウイルス関連情報(Information regarding Coronavirus)

緊急情報一覧

【11月29日更新】新型コロナウイルス関連情報(Information regarding Coronavirus)

【11月29日】倶知安厚生病院での新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

 倶知安町厚生病院において入院中の患者複数名に新型コロナウイルス感染症が確認されたと発表がありました。倶知安町厚生病院ホームページに今後の診療体制について、逐次情報が更新されております。うわさやデマなどに惑わされることなく正しい情報に基づき、行動しましょう。
 町民の皆さまには、新型コロナウイルス感染症に罹患された方や病院をはじめ医療に従事されている方、そのご家族や職場の同僚の方々に対して、不当な偏見や誹ぼう・中傷がないよう冷静で思いやりをもった行動をお願いします。また、引き続き、感染リスクを回避する行動の徹底をお願いします。

【10月13日更新】倶知安町長からのメッセージです。

【10月13日更新】秋の行楽シーズンを迎え、またインフルエンザ流行の季節を迎えることから、感染拡大を防止するため、より一層の「新北海道スタイル」の実践の徹底について、お願い申し上げます。下記の、「倶知安町からのお知らせ」「新型コロナ予防について」をお読みください。
 
自分の身を守るのは自分ですが、「こころ」を守るのも、自分です。
自分のこころを、人のこころを守るには?

【11月27日更新】北海道からのメッセージです。

 【11月27日】北海道では、11月7日から道独自の警戒ステージ3に引き上げ、集中対策を行っています。これまで倍増で拡大してきた新規感染者の増加ペースは、緩やかになっているものの、未だ相当数の感染者が確認されていること、医療機関における集団感染が増加し、医療提供体制のひっ迫度合いが増していることなどから、対策期間を12月11日まで延長しますので、引き続き対策の実施にご協力をお願いします。
 【11月18日】集中対策期間(11月17日から27日まで)における追加対策として、札幌市を対象に「道独自のステージ4相当の強い措置」を講じます。(全道のステージは3を維持)
 全道的に飲食を伴う場面における集団感染が発生しており、特にこうした場面における感染リスクを回避する行動を徹底してください。
【11月9日】11月7日から27日までの3週間、感染拡大の抑え込みを図る警戒ステージ「3」に移行しました。今後も感染防止対策の徹底をお願いします。
【10月28日】本日28日、対策本部会議において警戒ステージを「2」に引き上げることが決まりました。「警戒ステージ2」は感染拡大を早期に抑え込み、社会経済活動との両立を進める重要なステージです。今後も感染防止対策の徹底をお願いします。
 【10月8日】道内において、現在、感染者が増加傾向にあり、ここ数日は30名を超える日もあるなど厳しい状況となっております。特に、若い世代の感染拡大が顕著となっており、若い世代は、無症状や軽症の方が多く、感染に気づかないまま普段どおりの行動により、周囲や他地域への感染拡大や重症化リスクの高い高齢者、基礎疾患のある方などに感染させる懸念があります。一人ひとりの意識と行動が大切です。
【6月22日】今後の感染拡大防止にあたっては、ガイドラインの実践やその取り組の定着が必要であり、各業界の感染拡大予防ガイドラインに沿った取り組みの実践について、お願いします。
 新型コロナウイルス感染症対策に関する基本方針と、業種ごとのガイドライン一覧について添付いたします。新型コロナウイルス感染症対策に関する基本方針では、イベント等の開催制限についてなどの6月以降の段階的緩和についてが記されております。
 新型コロナウイルスとの闘いが長期化している中、今後、日常生活に取り入れていただきたい「新しい生活様式」の実践例が国から示されており、さらに、北海道内での実践に向けた、新しいライフスタイルやビジネススタイル「新北海道スタイル」が北海道より発表されました。
また、これから夏を迎えるにあたり、「新しい生活様式」における、マスク着用について等、熱中症予防のポイントも添付いたします。ご一読ください。
これまでの緊急メッセージ一覧です。
これまでの緊急事態措置の一覧です。

羊蹄山麓7町村からのメッセージです。

【7月22日】倶知安町よりお知らせします。

7月21日、ヤマダ電機テックランド倶知安店のホームページにて、新型コロナウイルス感染者の発生について公表がありました。
当該店に勤務する社員が新型コロナウイルスに感染しているという情報については、他店勤務の社員であることが判明しました。このことによる、倶知安町内での感染拡大の可能性はありませんので、お知らせします。
町民の皆さまにおかれましては、これまで通り、新しい生活様式に則って、十分な感染予防対策の徹底をよろしくお願いします。

マスクの配付について【5月1日更新】

 町は、令和2年12月31日時点で70歳以上の方と、障がい者手帳をお持ちの方を対象に、一人につき、10枚のマスクを配付します。4月30日から発送していますが、届かない等ありましたら、役場(0136-56-8000)までご連絡ください。

6月1日より北海道からの休業要請が全面解除となりました(6月1日更新)

北海道からの休業要請については、6月1日付けで全面解除となっております。

なお、5月16日以降の休業要請にご協力いただいた事業者の方が申請可能な北海道の「経営持続化臨時特別支援金(支給額10万円)」についての取り扱いは下記のとおりです。

◇5月25日から休業要請が解除となった事業者
           ⇒遅くとも5月19日から5月24日まで休業した事が必要
◇6月1日から休業要請が解除となった事業者
           ⇒遅くとも5月19日から5月31日まで休業した事が必要


また、業要請の対象ではない事業者の方で、月の売上が前年から1/2以下になった場合は、北海道の「経営持続化臨時特別支援金(支給額5万円)」の申請をする事ができます。
※基本的に国の「持続化給付金」の対象者が、対象となります。
※令和2年1月以降に開業した事により国の「持続化給付金」の対象とならない方でも、本支援金では令和2年3月末までに開業していれば対象となります。


詳細は下記「経営持続化臨時特別パンフレット」及び北海道HPをご確認ください。

なお、休業要請に関する相談専用ダイヤルが設けられておりますので、ご不明な点はこちらへご確認願います。

(休業要請相談専用ダイヤル)
電話番号 011-206-0104または011-206-0216
開設時間 平日8:45~17:30

なお、営業再開に際しては、北海道より「新北海道スタイル安心宣言」を実践し、チラシやホームページ、店舗入り口や店内などに掲示する事が求められていますので、ご協力をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症の町内発生状況について

3月26日、倶知安町内でも新型コロナウイルス感染者が発生いたしました。

町民の皆様におかれましては、落ち着いて行動していただくとともに、改めて手洗いの徹底、咳エチケット、人が大勢集まる場所を避けるなど感染予防、感染拡大防止に向けた取り組みについて、ご協力をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染者やその関係者の中には、一部の方からの誹謗中傷に心を痛めている方がいます。
感染された方などに対する不当な扱いや嫌がらせ、差別、偏見につながることがないよう、また、不確かな情報に惑わされることがないよう、皆様のご理解とご協力をお願い致します。


【新型コロナウイルスに関する一般電話相談窓口】
 帰国者・接触者相談センター
 • 倶知安保健所 0136-23-1957 / 0136-23-1951
 • 北海道保健福祉部健康安全局地域保健課の夜間・休日相談窓口 011-204-5020
  平日 17:30~21:00 / 土日祝日 9:00~17:00
 

発症者の状況について

【新型コロナウイルス関連問い合わせ先】
 ●健康相談について・・・福祉医療課 電話:0136-23-0500
 ●事業者支援情報について・・・まちづくり新幹線課 商工労働・企業誘致係 電話:0136-56-8012
 ●その他全般について・・・総務課 電話:0136-56-8000
 

北海道新型コロナウイルス感染症 健康相談センターの開設について(9月16日更新)

 北海道では、新型コロナウイルスに感染した疑いのある方を診療体制の整った医療機関に確実につなぐための「帰国者・接触者相談センター」と、感染症の予防方法や症状、治療に関する疑問や不安に対応する「感染症に関する一般相談」の電話番号を全道で統一し、新たに「北海道新型コロナウイルス感染症 健康相談センター」としました。
 
0800-222-0018(フリーコール、24時間相談窓口)

●少なくとも、以下のいずれかに該当する場合はすぐにご相談ください。
・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
・重症化しやすい方( 高齢者、 糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD 等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
・上記以外の方で、発熱や咳など比較的軽い風邪症状が4日以上続く場合
 ※症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合はすぐにご相談ください。解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。

●妊娠中の方は、念のため重症化しやすい方と同様、お早めにご相談ください。

●小児については、小児科医による診察が望ましいため、かかりつけ小児医療機関にご相談ください。かかりつけ医が決まっていない、わからない場合は、健康相談センターへご相談ください。

事業者向け支援情報について(9月15日更新)

新型コロナウイルスにより経営に影響を受けている事業者向けの支援情報についてご案内しています。

現在掲載中の情報
【事業者の皆さまへお知らせ】

 ◇「新北海道スタイル」について
 ◇「北海道コロナ通知システム」について

【助成金・支援金】関係

 ◇「倶知安町持続化支援金」について
 ◇「倶知安町新型コロナウイルス対策信用保証料助成金」について
 ◇「経営持続化臨時特別支援金」について
 ◇「持続化給付金」について
 ◇「雇用調整助成金」について
 ◇「住居確保給付金」について
 ◇「小学校休業等対応助成金・支援金」について
 ◇「働き方改革推進支援助成金(コロナウイルス関連特例コース新設)」について
 ◇「家賃支援給付金」について
【融資・利子助成制度】関係
 ◇「無利子・無担保融資(民間金融機関による)」について

 ◇「無利子・無担保融資(政府系金融機関による)」について
 ◇「セーフティネット保証・貸付」について
 ◇「衛生環境激変対策特別貸付」について
 ◇「経営環境変化型対応貸付」について
 ◇「倶知安町中小企業振興条例にもとづく融資あっせん及び利子助成」について
 ◇「倶知安町労働者生活資金貸付」について
【保証制度関係】
 ◇「セーフティネット保証(4号・5号)」について
 ◇「危機関連保証」について
【その他支援情報】
 ◇「経営・金融特別相談室の設置」について
 ◇「日本政策金融公庫相談窓口」について
 ◇「事業者支援情報パンフレット」について

新型コロナウイルス感染症対策本部の設置について(3月9日更新)


 倶知安町では、新型コロナウイルスの国内における感染拡大を受け、令和2年3月9日付けで町長を本部長とする「倶知安町新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置し、第一回本部会議を実施いたしました。
 今後とも国、道をはじめとした関係機関と連携し、感染症対策を進めてまいります。

小中学校の情報について(7月15日更新)

学校再開による6月1日以降の学校教育活動等について(お知らせ)

 6月1日から倶知安町内の小中学校が再開しておりますが、学習指導要領に示された各教科の内容について、児童生徒が身につけられるよう、一層の工夫改善等を行わなければなりません。
 今後新たに必要となる授業時数を確保する必要があることから、以下のとおり倶知安町立学校として統一して対応していきますので、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。
 なお、詳細については、各学校ごとに決定し、保護者の皆様へ連絡いたします。
 参考までにお知らせ文書を添付しておりますので、そちらをご確認ください。

 ◎学校教育活動等の方向性について(内容)
  ・土曜授業の実施(午前のみ)
   実施日:6月20日/7月18日/8月22日/9月26日/
      10月17日/11月14日/12月12日
  ・長期休業及び秋季休業の変更
   夏季休業:7月31日(金)~8月17日(月)
   秋季休業:なし(当初は小学校は10月1日と2日、中学校は9月26日と27日)
   冬季休業:小学校 12月25日(金)~1月18日(月) ※予定※
        中学校 12月25日(金)~1月13日(水) ※予定※
  ・学校行事について
   詳細については各学校にてお知らせいたします。

倶知安町社会教育施設の利用について(9月19日更新)

感染予防の観点から一部利用に制限があった施設について、制限を緩和します。
ご利用の際は三密の回避やマスクの着用、アルコール消毒等による感染症予防の徹底についてご協力をお願いします。

各施設の詳細については個別のページからご確認ください。



○公民館(図書室)・文化福祉センター 【9月19日(土)より通常利用】
 問合せ先:0136-22-0230、0136-22-4151(公民館)


○倶知安町世代交流センター 【9月19日(土)より通常利用】
 問合せ先:0136-22-0230、0136-22-4151(公民館)


○絵本館/青少年センター 【9月19日(土)より通常利用】
 問合せ先:0136-22-0055(絵本館)


○倶知安町総合体育館 【6月23日(火)より一部制限を緩和】
 問合せ先:0136-22-2288、0136-22-6878(総合体育館)


○小川原脩記念美術館 【6月19日(金)より一部制限を緩和】
 問合せ先:0136-21-4141(小川原脩記念美術館)


○風土館 【6月19日(金)より一部制限を緩和】
 問合せ先:0136-22-6631(風土館)

母子保健事業の実施予定について(11月4日更新)

 11月の母子保健事業につきましては、新型コロナウイルスの感染予防・拡大防止のため、以下の通りとさせていただきます。

10日 3歳児健診            個別呼び出し 
    むし歯予防教室              中止
12日 子育て相談室             個別呼び出し 
19日 1歳6か月児健診         個別呼び出し 
    むし歯予防教室                            中止
24日 4・10か月児健診        個別呼び出し


 上記事業の詳細や、今年度中止が決定している事業につきましては、以下案内の通りとなっております。

病院受診及び健診受診について(9月16日更新)

医療機関では、院内感染防止ガイドライン等に基づき、感染防止対策が行われています。
過度な受診控えは健康上のリスクを高めてしまう可能性があります。持病の治療等定期通院は継続し、具合が悪いなど健康に不安があるときはかかりつけ医に相談しましょう。
 発熱、咳や腹痛等の症状は新型コロナウイルス感染症に限りません。それ以外の病気の可能性もあるため、必要な受診を控えると手遅れになることもあります。また定期的に飲んでいる薬を切らすと、持病が悪化する恐れがあります。健康や持病を管理していくことが、新型コロナウイルス対策にも重要です。

コロナ禍でも予防接種・健診等の健康管理は重要です。
 予防接種はタイミングを逃さずに接種してください。また、町民検診として各医療機関で実施している成人・高齢者の特定健診、がん検診等は、緊急事態宣言の解除に伴い、実施を再開しておりますのでご活用ください。

※健診一覧は以下をご参照ください。

新型コロナウイルス感染症の影響による休業・失業等で生活資金にお困りの皆様へ(4月28日更新)

「生活福祉資金特例貸付」のご案内

【緊急小口資金】
 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のために貸付を必要とする世帯に対して貸付を行う制度です。

1世帯につき1回限り、無利子で最大20万円の貸付を受けることができます。

要件等詳細につきましては、パンフレットをご参照ください。
 
【総合支援資金(生活支援費)】
 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、失業等により収入の減少があり、生活が困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯に対して貸付を行う制度です。

 単身世帯は月15万円以内、2人以上の世帯は月20万円以内かつ原則3か月分以内を生活支援費として貸付を受けるのことができます。
 原則として自立相談支援事業等による継続的な支援を受けることが要件となっています。


【相談・受付窓口】
 今回の特例措置では、新たに償還時において、なお所得の減少が続く住民税非課税世帯の償還を免除することができることとされています。
 本貸付の相談・受付窓口は下記のとおりです。

社会福祉法人 倶知安町社会福祉協議会
倶知安町北3条東4丁目2番地 倶知安町保健福祉会館内
電話:0136-22-4150
受付時間:月~金曜日 8:45~17:30
 (5月5日・6日 9:00~16:00 相談・受付を実施)
 

子育て支援センター開所情報(8月20日時点)

家賃の補助制度の対象拡大について【4月22日更新】

 新型コロナウイルスの感染拡大をうけて、離職や廃業により経済的に困窮されて住居を失う可能性のある方に対し、家賃相当額を補助する「住居確保給付金制度」の対象が拡大されました。

(拡大内容)
 これまでの対象者     離職・廃業から2年以内の方
   ↓
 令和2年4月20日以降  離職・廃業から2年以内または休業等により収入が減少し離職等と同程度の
              状況にある方
(支給要件)
 収入要件、資産要件、求職活動等要件があります。
(支給内容)
 世帯人数による月額を原則3か月間 


制度のお問合せ・相談・申請窓口は、下記のとおりです。

名 称  くらし・しごと相談処しりべし
所在地  余市町黒川町10丁目3-8
電 話  0135-48-6227
F A X   0135-48-6228
営業時間  土日祝祭日を除く月曜日から金曜日 9時から17時
 

新型コロナウィルスの影響により納税が困難な方へ(5月12日更新)

徴収猶予の「特例制度」のご案内

新型コロナウイルス感染症に伴い地方税法等の一部改正する法律が施行され、新型コロナウイルス感染症に係る徴収猶予の特例が制度化されました。

※詳しい申請手続き等については下記リンクにて確認ください。

令和2年度子育て世帯への臨時特別給付金について(6月11日更新)

子育て世帯への臨時特別給付金は、小学校等の臨時休業により新型コロナウイルス感染症の影響を受けた子育て世帯を支援する取り組みのひとつとして、児童手当(本則給付)を受給する世帯に対し、対象児童1人につき1万円の給付金を支給するものです。
詳細については下記リンクよりご確認ください。

宿泊施設の新型コロナウイルス対策支援金について(11月27日更新)

 本支援金は、新型コロナウイルス感染症の拡大による世界的な移動の制限と景況の悪化により、多大な影響を受けている宿泊施設を営む事業者の新型コロナウイルス感染症対策を支援する取り組みの一つとして、
交付条件を満たした事業者に対し、令和2年度冬季における実際の収容可能人数1人につき2千円の支援金を支給するものです。
 詳細については下記リンクよりご確認ください。