新幹線・まちづくりに関する検討

これまでの新幹線まちづくり検討委員会の取り組み

■第7回 平成28年8月25日開催
<検討内容>
1.新幹線まちづくり検討委員会について
2.平成28年度検討委員会スケジュール
3.倶知安駅周辺整備関連のこれまでの検討と課題の整理

■第8回 平成28年12月1日開催
<検討内容>
1.駅周辺のあり方について
2.駅周辺のゾーニングについて
3.駅周辺の状況について

■第9回 平成29年3月2日開催
<検討内容>
1.駅周辺のゾーニング(案)について
2.ゾーニングのイメージ(VR、在来線廃止の場合)

■第10回 平成29年7月12日開催
<検討内容>
1.駅周辺施設の整備についての問題・課題について
2.駅の機能について

■第11回 平成29年10月4日開催
<検討内容>
1.まちづくりのあり方について
2.提言書について

■第12回 平成29年12月14日開催
<検討内容>
1.提言書(案)について

 

北海道新幹線 倶知安駅周辺のまちづくり提言書

新幹線まちづくり検討委員会では、平成26年度より新幹線駅周辺整備についての問題点や課題について検討を重ねてまいりました。
今回、新幹線駅を中心とした新たなまちづくりの方策と、それを実現するための課題等を取りまとめた提言書が平成30年3月22日に町長に対し手交されましたので、お知らせします。
なお、町では本提言書を踏まえ、新駅周辺の整備構想の策定について今後取り進めて行く予定です。 
本提言書の取りまとめにご尽力いただきました検討委員の皆様をはじめとして、全ての関係者の皆様に厚くお礼申し上げます。

新幹線まちづくり検討委員会中間報告

 2030年度末(平成42年度末)の北海道新幹線倶知安駅の開業に向けて、魅力あるまちづくりのために駅周辺整備の検討を行なう必要があります。

 そこで町では、推薦・公募の町民から構成された新幹線まちづくり検討委員会を設置し、平成26年度~平成27年度において「駅前通りのあり方」について検討を行い、コンセプトや方針を取りまとめましたのでその成果をお伝えします。

 まずは私たち町民が、駅前通りを”日常の暮らしの場所=集まる場所”として使うことが大切です。私たちが駅前通りを日常で使うことによって、観光客などの来訪者が魅力的と感じ、結果として「にぎわいが広がっていく」ことを目指します。
 また、来訪者が駅舎の外へ出た時に「素敵だな」と感じるような魅力的な印象を与える通りになることを期待しています。

 今後は、駅舎・駅前広場・駐車場などについても検討していきます。

新幹線まちづくりワークショップ

新幹線倶知安駅周辺まちづくりに関するアンケート結果

 北海道新幹線が着工となった場合の倶知安駅周辺整備に関し、広く住民の皆様から倶知安駅周辺についてのご意見をお聞きするため、無作為に選びました1,000人の倶知安町民の方々にアンケートを実施し、450人の方から回答をいただきました。

 この度、集計が終了しましたので、お知らせいたします。
 (平成23年11月実施)

 このアンケート結果は、今後の倶知安駅周辺のまちづくりの資料として活用させていただきます。
 ご協力いただきました皆様には厚くお礼申し上げます。

「北海道新幹線倶知安駅新駅周辺整備構想(案)」についての意見募集の結果及び意見に対する倶知安町の考え方

 平成31年3月14日から3月27日まで募集しておりました北海道新幹線倶知安駅新駅周辺整備構想(案)に関する意見(パブリックコメント)につきまして、結果および意見に対する倶知安町の考え方を公表いたします。

北海道新幹線倶知安駅新駅周辺整備構想(案)

「北海道新幹線倶知安駅新駅周辺整備構想(案)」についての意見募集の結果及び意見に対する倶知安町の考え方