小川原 脩記念美術館

<!--$alt-->

小川原 脩(おがわら しゅう) 1911年~2002年
倶知安町(旧倶知安村)生まれ。
東京美術学校卒業後、前衛画家としての道を歩みはじめるが、太平洋戦争を機に進取の道を断念。 戦後、郷里倶知安に戻り以後60数年間この土地を離れることなく創作活動に専念。 60歳を超えてから訪れた中国、チベット、インドで創作への新しい境地を開く。 
1999年11月3日 小川原脩記念美術館 オープン。
≪おかげさまで今年は開館20周年≫

展覧会のご案内

企画展
『小川原脩セレクション 花と烏ー1940's』


会期:4月20日 土曜日~7月7日 日曜日
会場:第2展示室
※画像をクリックすると展覧会のページへ移動します。

常設展
『小川原脩展 私の中の原風景』


会期:4月20日 土曜日~8月4日 日曜日
会場:第1展示室
※画像をクリックすると展覧会のページへ移動します。


小川原脩記念美術館 所蔵品目録
「小川原脩コレクション Shu Ogawara Collection」

写真をクリックすると電子ブックが開きます。

お知らせ

<!--$alt-->

―4月のイベント情報―
◆土曜サロン
世界美術館紀行1~フランス・パリ1
「ロダン美術館/ マルモッタン美術館/G.モロー美術館」
4月から始める新しいシリーズ。1年間をかけて、世界中の美術館を訪ねます。先ずは、パリ市内の隠れ家的な個性溢れる美術館から。
日時:4月6日(土曜日)14時~15時30分
お話し:柴  勤(当館館長) 会場:当館映像ルーム(無料)
アート探訪<みて・きいて>29
「イサム・ノグチ~地球を彫刻した男~」
日系アメリカ人の彫刻家として世界的に活躍したイサム・ノグチ。モエレ沼公園の設計や札幌大通公園の滑り台でも知られています。
日時:4月13日(土曜日)14時~15時30分
お話し:柴  勤(当館館長) 会場:当館映像ルーム(無料)
◆アート・トーク
「小川原脩展を楽しもう。ギャラリーツアー
新年度最初の展覧会は、両展示室を用い、小川原脩の作品を一挙大公開。オープン初日、学芸員が作品を前に楽しく説明します。
日時:4月20日(土曜日)(1)10時~(2)14時~
お話し:沼田絵美(当館学芸員) 会場:展示室(展覧会初日につき無料)
◆地域文化講座
「闘う芸術家たちの話」
今回の地域文化講座では、北海道における美術館活動の草分けであり、かつガラス芸術の大家でもある武田厚さんをお招きします。
日時:4月27日(土曜日)18時~19時 会場:当館ロビー(聴講無料)
お話し:武田厚さん(多摩美術大学客員教授)

♪「しりべしミュージアムロード・コンサート2019」出演者募集♪
 7月13日(土)から開催される「しりべしミュージアムロード共同展」の音楽イベント(クラッシックコンサート)出演者を募集します。
 詳しい内容は募集要項をご覧ください。
《お問合せ》
しりべしミュージアムロード・コンサート実行委員会事務局
公益財団法人 道銀文化財団 電話:011-233-1029

感動の場 - 点

  • 感動の場 - 点 2019年4月
  『浅春譜』 1969年  小川原 脩 画


※画像をクリックすると感動の場 - 点のページへ移動します。
浅春譜

浅春譜



小川原脩記念美術館Facebook