マイナンバー通知カードの再発行について

マイナンバーをお知らせする通知カードは平成27年10月以降にご本人宛に送付されていますが、破損や紛失、焼失などでお手元にない方は、再交付することができます(1通500円)。
再交付の申請受付から約1か月後に住民票の住所宛に簡易書留で届きます。

申請に必要なもの

1.通知カード再交付申請書
2.再交付手数料(1通500円)
3.本人確認書類(次のうちいずれか)
  ・運転免許証、パスポート、官公庁身分証、身体障害者手帳、住民基本台帳カード(写真付)など、
   官公庁から発行された写真付きの書類のうち1点
  ・保険証、年金手帳、住民基本台帳カード(写真なし)、預金通帳、学生証などの「氏名と住所」
   または「氏名と生年月日」が記載されている書類から2点
4.破損、紛失または焼失したことが確認できる書類
  ・破損した通知カード
  ・外出先で紛失した場合は警察に遺失届を出し、その受理番号と警察署の連絡先が分かるもの
  ・消防署または市町村の発行する罹災証明書

代理人による申請

通知カードの再発行手続きを代理で行う場合は、同一世帯の人の分であっても委任状が必要になります。
ただし、再発行申請者が15歳未満であり、法定代理人(保護者等)が代わりに手続きを行う場合は委任状は不要です。
また、再交付申請者本人の上記1~4までの書類に加えて、代理人の本人確認書類も必要になります。
(例)父・母・子(16歳)・子(12歳)の家族全員の再発行手続きを父が行う場合に必要な書類
 ・再交付申請書4枚
 ・再交付手数料500円×4人分=2,000円
 ・家族全員分の本人確認書類
 ・母と子(16歳)からの委任状
 ・家族全員分の破損、紛失または焼失したことが分かる書類
※委任状は必ず委任者本人が全て記入してください。

注意事項

通知カードはその場で交付されず、約1か月後に住民票上の住所宛に簡易書留で送付されます。マイナンバーを急ぎで知りたい方は、マイナンバーが記載された住民票を請求してください。(1通300円)
また、簡易書留を受領できなかった場合は、7日間は郵便局で保管され、その後は役場に返戻されます。受け取りたい場合は本人確認書類を持参して役場住民係(窓口1)までお越しください。